色んな女の子と楽しめるニューハーフキャバ&メイド喫茶について

昼はカフェ、夜はバー

sexy woman

「メイド喫茶」は、もともとはお昼営業のカフェが一般的でしたが、新宿では夜まで営業を続けるタイプのお店も増えています。夜はバーとなり、お酒を楽しむことができる「カフェバー」なのです。

sexy girl is wearing black underwears

キャバとカフェ

pink knickers

ニューハーフのお店

東京の新宿歌舞伎町や大阪の十三といった繁華街にあるキャバクラやカフェバーでは、いろんな「女の子」に出会うことができます。
カッコつきで「女の子」となっているのは、たとえば東京の新宿ではニューハーフキャバで楽しむことができるからです。
女性よりも女性らしく、男性について知り尽くしたニューハーフの子が、おもてなしをしてくれるニューハーフキャバ。
東京・新宿ではいわゆるゲイバーなどが多い「新宿2丁目」で見つけられそうな感じがするかもしれませんが、最近では歌舞伎町のど真ん中で、艶やかなニューハーフの子たちと楽しめるお店を見つけることができます。
ニューハーフキャバで遊んだことがなく、まだニューハーフに会ったこともないという人は「どんな子が出てくるんだろう?」と興味半分、心配半分だと思います。
が、最近は各キャバクラがHPを持ち、ネット上で情報を公開しています。お店に所属するキャストの顔ぶれもそこで確認できるので、安心することができるでしょう。

コスプレカフェ

「メイド喫茶」といえば、東京なら秋葉原あたりでたくさん見つけられそうですが、新宿やその他のエリアにもたくさんあります。
アキバのメイド喫茶はどちらかといえばオタク系の男子向けのお店ですが、新宿などで楽しめるメイド喫茶は、特にオタク趣味があるというわけではないという男性でも、楽しめるお店になっています。
メイド服をはじめ、さまざまなコスチュームが用意された「コスプレカフェ」といった趣きのお店になっているからです。
可愛いコスチュームを身につけた可愛い女の子とともにお茶やお酒を楽しめる…そんなお店になっています。

昼も夜もキャバ

nude women

大阪の十三、東京の新宿といった繁華街では、キャバクラは夜だけでなくお昼にも楽しむことができます。それらの街では、お昼に開店する「昼キャバ」が続々と増えているのです。

昼キャバの嬢たち

sexy body

昼キャバには「癒し系の女の子が多い」という特徴があります。たとえば、十三で昼間にキャバクラを利用しようとする人の中にはつかの間の「避難所」としてお店を利用する人も多いからです。